안녕하세요. 알파카 부부의 와사비입니다.

오랜만의 블로그입니다만, 오늘은 어학 공부에 대해.

와사비는 지금 모국어인 일본어 외에 영어와 한국어를 말할수 있지만
귀국한 자녀는 아니며 한국어, 영어는 모두 필요에 따라 나중에 익힌 것입니다.

특히 한국어는 결혼하고 한국에 살기 시작하여  약3개월에 한가지 학습법을 통해 익히후 한국 기업(톱회계법인)에 취직했습니다.
그래서 아주 단기간에 집중적으로 공부를 한 것입니다.

그만큼 배우는 요령, 비법을 아는 것과 동시에 후천적 학습의 한계도 알고 있습니다.

오늘은 그런 너무 개인적인 새로운 언어 학습 요령(비법)을 소개하고 싶습니다.

계획 1 : 말하기, 듣기, 쓰기, 읽기의 4 가지 기능 중 자신이 어떤 기능을 가장 늘리고 싶은지 결정

우선 계획이 중요합니다. 언어가 정말 마스터한다고 한다면 위의 4 가지 기능은 거의 의식하지 않고 할 수있게된다고 생각 합니다만, 

지금부터 공부할 예정이며 시간도 한정되어 있는 학습자는 무엇을 가장 늘리고 싶은지 결론 지을 필요가 있습니다.

자신이 무엇을 위해 이 언어를 공부하는가? 목적을 의식하고 계획을 세웁니다.

일반적으로 듣기, 읽기라고 입력을 먼저 습득하는 것을 목적으로 합니다. 거기까지가 좋은 사람은 거기까지 득점하며 

거기에서 말하기, 쓰기와 말하기의 아웃풋(출력)까지 할 수있게 될 필요가 있는 사람은 추가로 학습 계획이 필요합니다.

계획 2 : 비즈니스, 일상 등 어떤 장면에서 사용되는 언어를 습득하고 싶은지 범위를 결정

이것은 의외로 간과하시 쉬운 부분이라고 생각합니다.
많은 교과서는 극히 일상적인 대화 (예 : 취미는 무엇입니까? 등)에서 출발
복잡한 대화로 텍스트가 만들어지고 있다고 생각합니다.

하지만 정말 그 순서대로 배울 필요가 있을까요?

예를 들면 사업에 사용하기 위해 언어를 습득하고 싶은 말 있으면 비즈니스 대화에서 당신의 취미는 무엇입니까? 등은 

직접 상대들을 기회는 거의 없습니다.

그보다는 회의 일정에 대한 조정을 하시겠습니까? 일정이 괜찮은 날을 가르쳐주세요 등의 문구가 훨씬 많이 사용하는 것입니다.

어휘 공부란 그 주위에 사용되는 환경과 상황에 의해 비로소 성립되는 것입니다.
예를 들어 일본어가 유창한 초등학생인  딸도 직장에서 사용되고있는 단어, 리스케, 요점, 견적 등의
단어는 그녀의 일상은 거의 사용하지 않기 때문에 모르는 단어입니다.

반대로 나는 영어와 한국어로 어른과 대화를 할 수 있지만, 아이가 유치원에서 배우는 같은 말
(예 비가 쏴솨 내리는, 나비가 팔랑 팔랑 춤추는 등의 의성어 등)은 공부하고 있지 않기 때문에,
현지에서 책방을 가거나 작은 어린이 책을 보면 모르는 단어가 많이 나오곤 합니다.

이처럼 어휘는 합의가 구축하는 에코시스템과 같은 세계가 있습니다.
어떤 생태계의 언어를 배우고 싶은 지를 의식하여 익혀야 할 분량의 단어중에서 공부할 범위를 좁히면 효율적으로 학습할 수 있습니다.

오늘은 많이 길어졌습니다만 계속해서 어학 학습법 실전편도 일독하여 주시기 바랍니다. 


연관글 

https://is.gd/SCqKt1 <-- 일본어 영어 어학 학습법 실전편

https://is.gd/APdcfJ <-- 주간 인기글 베스트 3 모음

こんにちは。アルパカ夫婦のわさびです。

久しぶりの記事になりますが、今日は語学について。

わさびは今母語である日本語のほかに英語と韓国語をしゃべりますが、
帰国子女ではなく、これらは全て必要に応じて後から身に付けたものです。

特に韓国語は結婚し、韓国に住み始めて3ヶ月で一通りの学習をし韓国企業に就職しました。
なのでとても短期間で集中的に勉強をしたことになります。

それだけに学び方のコツを知っていると同時に、後天的な学習の限界も知っています。

今日はそんなとても個人的な新しい言語の学び方のコツを紹介したいと思います。


1.計画1: 話す、聞く、書く、読むの4技能のうち、自分がどの技能を1番伸ばしたいかを決める

まずは計画が大事です。語学が本当にマスターできれば上の4つの技能はほぼ意識せずできるようになると思いますが、これから勉強する予定で時間も限られている学習者には割り切りが必要です。

自分は何のためにこの言語を勉強するのか? 目的を意識して計画を立てます。

一般的に聞く、読むと言うインプットを最初に習得するゴールとします。そのままで良い人はそこまでがゴールとし、さらに話す、書くと言うアウトプットまでできるようになる必要がある人はさらに学習計画が必要です。

2. 計画2: ビジネス、日常など、どのシーンで使われている言語を習得したいか範囲を決める

これは意外と見落とされがちだと思います。
多くの教科書はごく一般的な日常会話(例: 趣味はなんですか?など) から始まって
複雑な会話へとテキストが作られているように思います。

でも本当にその順番で学ぶ必要があるでしょうか?

例えばビジネスに使うために言語を習得したいと言う場合、ビジネスの会話であなたの趣味はなんですか?

など直接相手聞く機会はほとんどありません。

それよりは会議の日程について、ご都合のよろしい日を教えてください、などのフレーズの方がずっと多く使うはずです。

語彙、と言うのはその周りに使用される環境と状況があって初めて成り立つものです。
例えば日本語がペラペラの小学生私の娘だって、職場で使われているような単語、リスケ、要点、見積もり、などと
言う単語は彼女の日々ではほとんど使わないので知らない単語です。

逆に私は英語や韓国語で大人と会話ができますが、子供が幼稚園で習うような言葉
(例、雨がざぁざあ降る、蝶々がひらひら舞う、などの擬音語など)は勉強してきていないので、
現地の本屋さんの小さい子供向けの本を見ると知らない単語がいっぱい出てきたりします。

このように、語彙には合意が構築するエコシステムのような世界があります。
どのエコシステムの言語を学びたいか意識して、覚える単語の範囲を絞ることで効率的に学習できます。


今日は長くなってきたのでここまで^_^;

また次回続きを書きますのでよかったら見てみてください。では!

https://is.gd/SCqKt1 <--일본어, 영어, 한국어 어학 학습법 실전편

https://is.gd/APdcfJ <-- 주간 인기글 베스트 3 모음

+ Recent posts